最新の配給作品情報Distribution News

ANIMAを撃て!
2018年3月31日公開
詳細はこちら

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど
2017年5月27日公開
詳細はこちら

話す犬を、放す
2017年3月11日公開
詳細はこちら

エイミー、エイミー、エイミー!
こじらせシングルライフの抜け出し方

2017年に公開
詳細はこちら

マン・ダウン 戦士の約束
2017年に公開
詳細はこちら

話す犬を、放す
2017年に公開
詳細はこちら

話す犬を、放す
2017年公開
詳細はこちら
2017.00.00
『話す犬を、放す』

-あらすじ―
俳優スクールで教えながら、芝居を続ける売れない女優・下村レイコ(つみきみほ)。
彼女のもとに、人気俳優になった学生時代の劇団仲間・三田大輔(眞島秀和)から映画出演の話が舞い込む。
突然のチャンスに舞い上がるレイコに、母ユキエ(田島令子)から電話がかかってくる。
昔、飼っていた犬のチロが時々帰ってきて困惑しているのだと。ユキエは“レビー小体型認知症”を発症し“幻視”に悩んでいた。
一人にするわけにもいかず、映画出演と母との生活を両立させようとするレイコ。
しかしそんな折、母から意外な告白が・・・。

・公開日
・場所
など

公開までのスケジュール

2018年1月 映画情報解禁

2018年2月 劇場にてPR活動

2018年3月 完成披露試写会
2017.00.00
『ママは日本へお嫁に行っちゃダメというけれど』

-あらすじ―
台湾に住む元気いっぱいの女の子リン。日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するくらいの立派なジャパオタ。日本を襲った震災の話で世界が揺れているとき、リンのFacebookに一通のメッセージが届いた。日本人青年からのメッセージだった。彼の名前は「モギ」。 モギは震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り、興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。友達申請を承諾したリンは、茂木とのFacebookでのやり取りが始まった。内容はたわいもない事や、日本の事、お互いの悩みや日々の出来事。そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合わせる二人。その時間はあっと言う間だったが、二人の距離はより一層縮まり、その日を境に、たわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが、二人は幸せだった。お互いの気持ちはいつしか海を越えた。

・公開日
・場所
など

公開までのスケジュール

2018年1月 映画情報解禁

2018年2月 劇場にてPR活動

2018年3月 完成披露試写会
2017.00.00
『ANIMAを撃て!』

-あらすじ―
クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳友)だった。伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。 ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする。

・公開日
・場所
など

公開までのスケジュール

2018年1月 映画情報解禁

2018年2月 劇場にてPR活動

2018年3月 完成披露試写会